×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


山城・京

三成、終焉の地
―――三玄院に眠る―――


(三成墓所・大徳寺三玄院)

  

筑摩江や 蘆間に灯す篝火と ともに消えゆく我が身なりけり

(三成公辞世と伝えられる)

  



京――

徳川方の捕縛された三成は、京で最期を迎えました。
三成の遺骸は、生前より親交の深かった大徳寺の長老・春屋宗園によって引き取られ、自らが創建した大徳寺三玄院に葬られました。
三成は、その死に際しても、その志を示す数多くの逸話を残しています。




  




            ――――三玄院

            三成の墓があります。



  


三玄院由来書

   三玄院門前に立つ、その由来書。
   三玄院は三成、浅野幸長、森忠政によって創建され、
   春屋宗園が開祖となった。
三成墓所

   三玄院の三成公墓所。(墓所は一般非公開)
   傍らに立つ三つの塔のは、兄正澄とその子の供養塔。